enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「パンツを脱いだサル」 | main | Bed Making >>

OLIVIA NEWTON-JOHN

onj11歳の時…




それは今から34年前、enkyoが小学校5年生の時でした。

近所のレコード屋さんに貼られた美しい女性のポスター…彼女の少しクールで幻想的ともいえる表情が異彩を放っていました。

彼女の名は、オリビア・ニュートン=ジョン

enkyoが生まれて初めて買った洋楽のレコード…それがオリビアの「詩小説」というアルバムでした。

昨日タワーレコードでCDを見かけたので再購入しました。

部屋に帰って聴くと…心の隙間にジャストフィット

スローテンポのギターのリズム、リムの緩んだようなドラムの音…なぜか妙にしっくりきます。

music | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1050270
この記事に対するトラックバック