enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 続:快適ラウンドのお約束グッズ 3/3 | main | シンプルで無難なゴルフウエア >>

名門クラブに誘われたら 2/2

wmt淡々とプレイしましょう…




■ラウンド開始〜ランチタイム

・同伴プレーヤーへの挨拶

「姓」は当然ですが、「名」まで名乗りましょう。

・判断に迷うことがあれば、必ずメンバーの方やキャディさんに相談するのが無難です。

決して自分の経験則だけで行動しないことをお勧めします。

・ラウンド中のヒエラルキーは、メンバーの方>キャディさん>ビジターと考えるのが無難です。

名門クラブにおいては、キャディさんはメンバーさんのアテンドをしており、好意でビジターの世話もしてくれていると受け止めましょう。

・ティーはティーショット後、仮に紛失しても自然に還る木製もしくはそれに準ずる素材のものを使用するのが無難です。

・派手なカラーのギアや奇抜なグッズは使わない方が無難です。

・仮にティーショットが左右に曲がっても、「あー」とか「うー、ミスったぁー」などと奇声を発したり、ぼやいたりしないのが無難です。

・同伴プレーヤーが素晴らしいティーショットをしても、「ナイスショットぉー」などと大声を出してはなりません。

プレーヤーへの賞賛は、次のショットに向かう時、当人に「グッドショットです」や「ナイスボールですね」と伝えるのがベストでしょう。

・同伴プレーヤーのスコアを尋ねない。(把握しておくのが当然マナーです)

・ともあれ「はしゃぐ」ことはご法度で、上品に淡々とラウンドするのが無難です。

■ランチタイム

・基本的に窓側の席は古参メンバーさん専用らしく、新参者のメンバーがビジターと座っていると注意されることもあるそうです。

ついては、レストランの席はあなたを誘ってくださったメンバーの指示に従うのが無難でしょう。

■ラウンド後

ラウンド後の喫茶の時にもジャケットを着るのが無難です。

殆どのコースは夏季はこのルールは除外される様ですが、一部の名門では夏季でも着用が求められるそうです。

立派なバーが設置されているクラブもあり、ラウンド後はそこでグラスを傾けながら懇親するのがしきたりとされているようです。(前述のように、このビヘイヴィアが日常的であるならば、自分で車を運転して来場することは論外ですよね…)

■その他

・レインウェアは帽子同様、屋内(屋根のある場所)に入る前に脱がなくてはなりません。

・トイレ以外で用を足したりすると、同伴又は紹介してくれたメンバーが除名される可能性があります。

以前、ある名門クラブで、メンバーに誘われたビジターがプレイ中にトイレ以外で用を足すという事例があったそうです。

その後、このビジターを同伴したメンバーとその人の入会時の紹介者の2名が除名になったと伝え聞きました。

■最後に

ここまでこの記事を読んでくださった方の中には、「理由が不可解」とか「根拠が曖昧だ」と感じている方も多いのではないかと推察します。

理由が合理性に欠けており、受け止め難いという方には…

ゴルフ発祥の地、イギリスのウェストミンスター宮殿にある議会の話をしましょう。

議員数の数だけ席が用意されておらず、起立したまま議事に参加せざるをえない議員がいるのです。

ある日、席に座れない新参議員が「(座って議論できるように)席を用意してほしい」と主張しました。

これに対して、古参議員は、

「旧来から座席の数は決まっている。なぜそれを増やす必要があるのか!」と一蹴したということです。

名門ゴルフクラブの暗黙のルールに「なぜ?」と問いかけても無駄です。

そのルールに従いたくないならば、もちろんあなたは訪れるべきではありません。

なお、理不尽と感じることがあろうと、あなたはクラブのメンバーではないことから、ゴルフ場に進言することすらできません。

もしも、あなたがこれらのことを守らずに名門クラブでプレーしたならば、その後二度と誘われることはないでしょう。

そして、後日あなたを誘ったメンバーの方は、他のメンバーやキャディさんから「このまえ変わった方を連れてこられたそうですね…」と含み笑いで声をかけられ、気まずい思いをすることでしょう。

あなたの恥はかき捨てることはできても、あなたを誘ってくれた方に迷惑がかかるということをお忘れなく。

これが名門クラブのしきたりというものです。

■あとがき

自らの経験等を基に、貴重な情報を提供してくださった某名門クラブメンバーのO様に心からお礼を申し述べます。

名門クラブに誘われたら 1/2へ
golfing | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ある熟年ゴルファー曰く、ゴルフシャツの第1ボタンも締めてラウンドしようね、それが敬意を表すというものだと。。。
貴重なご意見ありがとうございます。。。確かに、海外のプロゴルファーでも襟元をきっちり締めてプレーしている方がいますね、そういう意味だったんですね。
enkyo | 2013/12/14 3:16 PM
練習場以外の場所での「素振り練習」はしない方が無難かもしれません。
個人的には周囲の安全を確認した上での素振り練習は特に問題はないと考えますが、特定の名門クラブでは「ビヘイヴィァとしていかがなものか」と捉えるケースもあるようです。
enkyo | 2015/11/21 3:27 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056337
この記事に対するトラックバック