enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 海外ゴルフに誘われたら 1/3 | main | 海外ゴルフに誘われたら 3/3 >>

海外ゴルフに誘われたら 2/3

abgkrnラウンド編…



海外のゴルフ場では、(特にハワイなどでは)ゴルフ場のクラブハウスのロッカーは使用しません。

クルマで着の身着のままでやってきて、ラウンドが終わったら(クルマの中で)ゴルフシャツだけ着替えて帰るのが普通です。

ゴルフシューズはクルマを駐車したところで履いて、履いてきた靴はクルマの中やトランクに入れておきます。

なお、ゴルフカートのスペースも限られていることから、荷物になるものは全てクルマのトランクに入れておきましょう。

ラウンド中のエチケットやマナーは日本と同じでOKです。

日本にはない習慣は、ゆっくりラウンドしたいプレーヤーが後のパーティーを先にプレーさせるということでしょうかね。

よく“Please,go ahead.”と言われることがありますので、

“Thank you!”と微笑み、先にプレーしましょう。

また、(ご存じだと思いますが)フロントナイン終了後に食事を摂ったり、休憩をする習慣はありません。

ハーフターンの時に、ドリンクやハンバーガー・サンドウィッチ(ハワイではspam musubiか?)などの軽食を窓口で購入し、バックナインのティーグラウンドに向かいます。

そして、(municipalなどのコースでは少ないものの)リゾートコースではrefreshmentを載せたカートがコース内を循環しています。

売り子の女性(大抵は気さくな若い女子)が、

“Would you like something to drink?”

とタイミング良く声をかけてくれます。

水・スポーツドリンク・ビールやスナック菓子・サンドウィッチなどメニューも豊富なことから、ハーフターン時の食事は必要ないのです。

なお、水については、あちこちにdrinking fountainが用意されていて、自由に飲むことができるようになっています。

ホールアウト後、(コースによっては日本のように)クラブを拭いてくれたり、おしぼりを出してくれたりするようなリゾートコースもあります。

これらのサービスは、おそらく日本が「輸出」したのかもしれませんね。。。

〈次ページに続く〉
golfing | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056347
この記事に対するトラックバック