enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 続:Chikirinの名言 | main | クラブに求められること >>

パッティング考

ptパターも打つこと…




パッティングにお悩みの方、以下ご参考まで

・パットに入る前に、グリーン上のラインを四方から読みラインをイメージしましょう。

左手親指をグリップ上面に固定しましょう

・パターはいつも同じ長さでグリップしましょう。長く握ったり短く握ったりすると、振り子の原理は実践できません。

・ショットに入る前にストローク(振り)幅を決定しましょう。

・ボールを左目の下に置きましょう。

・腹筋と背筋にしっかり力を入れましょう。(この姿勢を維持することは辛いですが頑張って!)

・パターのソールをグリーン面に置き、座りのいい角度を見つけましょう。

・事前に決めた振り幅でボールを打ちます。この時、ボールを転がすというよりも「ボールを打つ」というイメージを大切にしてください。

・ボールを打ち終わった後、左目の下にボールがなくなったことを確認してからボールの行方を追いましょう。(頭が動くと正確にヒットできません)

・そして、カップギリギリに流し込むようなストロークは、カップインの確率が低くなりますので、重力を信じてカップを15センチ程度オーバーする強さでヒットしましょう。

これらのことが実践できれば、あなたのパッティングは格段に安定すると思います。

なお、ラウンド開始前には少なくとも40球程度はパッティングの練習をしてください。

多くのゴルファーは20球も打つと飽きてしまうようですが、これは少なすぎます。

ドライバーやアイアンの練習はほどほどにして、パターの練習に時間を割きましょう。
golf training | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056395
この記事に対するトラックバック