enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新たな課題 | main | 亡父の教え >>

スリー ハンドレッド クラブ

thc1thc4天使たちの場所…



ある日曜日、神様はenkyoにスリー ハンドレッド クラブでラウンドする機会を与えてくださいました。

ラウンド当日、チェックインを済ませてメンバーズボードを見ると、政界・経済界のトップの方々の氏名がずらりと並んでいました。

実は、ラウンド前日の夜、私は開示されている情報がほとんどないこのゴルフコースのことをブログにアップしようと考えていました。

しかし、ラウンド後にはこの考えが変わりました…「それは求められていない」と。

コース内の樹木に趣きがあり、それら一本一本に違った表情を見い出すことができます。

神々しい別世界

golfing | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

設立者の意思のみを尊重し、時代や慣習が変化しても、決して変わらずに運営していただきたいと心から願っております。
enkyo | 2013/07/30 5:40 PM
レストランのテーブルが隣席と近いのも設立者の時代の名残でしょうか。
言い換えれば「信用の置けない方がこのクラブでプレーすることはない」という前提で成り立っていることです。
ここは素晴らしい紳士・淑女の社交場です。
enkyo | 2015/04/09 12:03 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056419
この記事に対するトラックバック