enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クラブ。。。浮気 | main | MOJITO (モヒート) >>

Callaway MACK DADDY 2

calmd2calmd2fお試し…



AWはCallaway MACK DADDY2(12S) Wedge 52°【DG TOUR ISSUE S200】

SWもMACK DADDY2(14C) Wedge 58°【DG TOUR ISSUE S200】

このウエッジのフェイスミーリングは画期的かもしれません。

しかし、この素材は相当サビが出そうです。

キャロウェイのHPには「スレート仕上げ」とか書いてありますが、わかり易くに伝えるならば「ネイキッド」でしょうね(笑)

色抜きはGOODですが、個人的にはクロムメッキが好みです。。。

なお、8月頃市販されるモデルDG-S200のバランスはAW・D3でSW・D4ですが、このプロトタイプ(?)はD2・D3です。

golf gear | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

まず、写真のウエッジの数値部分にのみ、色入れしてあることをお伝えしておきます。

打感等のリポートは次のとおりです。

・いわゆる角溝ウエッジよりスピンはかからないように感じました。とりわけ、20ヤード程度の距離では、角溝よりも3ヤードくらいボールは先まで転がってしまいます。

・打音は「キン」という音が素晴らしいです。

・とりわけ52°のフェイスがグッドルッキンです。
enkyo | 2013/06/14 5:25 PM
ラウンドで使用しました。

このウエッジは打込んでよし、すくっても抜いても良し!

これは売れると思います。

しかし、フロントナイン終了時点で、ボールは表面のツヤを失いますので、早めのボールチェンジをお勧めします。
enkyo | 2013/06/18 8:30 PM
本日、環境の良い練習場でXフォージドウエッジ(角溝)と再度比較してみました。

やはり、スピン量はXフォージドウエッジ(角溝)に軍配を上げざるを得ません。

しかし、小ぶりになったフェイスと、52°のバウンス角の扱いやすさ、やや狭くなったCソール(58-C)は素晴らしいと思いました。

なお、このモデルのクロームモデル(今8月発売予定)のサテン仕上げは非常に美しいことから、かなりのセールスを記録すると予想しています。
enkyo | 2013/06/29 4:16 PM
先日、雨天ラウンドで初使用しました。

オイルは入れていたものの、ラウンド中に、ソール付近に錆が確認できました。

ま、ネイキッド仕上げですから致し方ないでしょう。

しかし、性能については文句なしです。
enkyo | 2013/07/24 9:58 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056423
この記事に対するトラックバック