enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴルフクラブのメインテナンス | main | グリップ選びの5つのポイント >>

予備球は腰ポケットに

gbbp李下に冠を正さず…



先日、トップアマ競技の競技委員を務めている方とお話する機会に恵まれました。

以下、彼からの貴重なメッセージを記します。

■ 予備球は腰ポケットに入れましょう。

ラウンド中、予備球を持ってプレーしますが、これを「他プレーヤーが目視できないところ」で携行すべきでないとのことです。

その理由は、微妙なプレイスメントにボールが落ち、暫定球を打たずにプレーが進行した時、そのプレーヤーのボールを見つけられなかった場合、彼が携行していたボールを悪意で使用する(いわゆる卵を産む)可能性があるためです。

しかしながら、そのプレーヤーが予備球を腰ポケットにボールを携行していれば、他プレーヤーはティーショット時に彼の予備ボールを確認していると予想されることから、嫌疑をかけられないとのことです。

また、予備球は腰ポケットに限らず、他プレーヤーが目視できる部位にあればよく、ベルトに固定するタイプのボールポーチでも問題はないそうです。

なお、ボールポーチを利用する場合には次のことに注意する必要があります。

・保有しているボールの個数が他プレーヤーに目視できること

・ボールポーチがスウィング時に揺れる形状のものは避けること(このボールポーチの揺れをスイングテンポに活かしているのではないかという、いわゆるメトロノーム効果の嫌疑を抱かれるため)

■ラウンド中のボール交換時のマナー

ホールアウトのタイミングで(ボールに傷がついた等の理由で)ボールを交換する場合には次のようにするのがベターとのことです。

・使用済みボールをキャディに手渡すこと

・使用済みボールとのしるし(油性インクのペンで使用済みであることがわかるしるし)をつけ、他プレーヤーに告知すること

彼からのコメントは以上ですが、競技ゴルフにおいては、「他人の嫌疑を受けやすい行為は避けるようにせよ」ということをenkyoは痛感しました。

また、彼は競技でないラウンドでもこのようなルールやマナーを励行することで、皆が気持ちよくラウンドできるため、常日頃からの実践をお勧めしますと話していました。
golfing | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056449
この記事に対するトラックバック