enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 会社四季報 株アプリ | main | money to spare >>

If You’re So Smart, Why Aren’t You Happy?

happy衣食足りて…




「衣食足りて礼節を知る」と管子に書かれているそうです。

「倉廩実つれば則ち礼節を知り、衣食足れば則ち栄辱を知る」とあるのに基づき、衣服と食物は、生活をする上での根本であるから、それらが満たされることによって心にもゆとりができ、礼儀を知ることができるという意味です。

我が国では、生活とは基本的に命をつなぎ活動することであることから、この衣食に加えて「住」(居住、雨風をしのげる寝場所)を加えて「衣食住」が生活の基本とも言われています。

また、現代では「礼節」という言葉を、年齢に応じた「学び」や「教育」と置き換えるとわかりやすいかもしれません。

これらのことをenkyo風に言うと、「衣食住足りて学びを知る」ということになります。

なお、この「学び」は適切な時期に与えられてこそ、社会生活で有効に作用するということは事実だと思います。

さらりと言ってしまいましたが、実は適時適切な教育とは容易なことではなく、子供を持つ親である方には特に「適時」という言葉の重要さをよく認識してほしいと思います。

さて、あなたがこの世に命を授かって、義務教育を経て大学に進学し、仮に有名企業で働き始めたとしましょう。

その数年後、もしかするとあなたは「あんまりハッピーじゃないんだよね」と他人に愚痴を言っているかもしれません。

この分野の多くの研究者によりますと、

上述の基本的な欲求が満たされると、人がさらに求めることは次の3つの要素であると言われています。

・有意義な社会的つながり(社会や他人からあなたが唯一無二の存在だと認められること、またはそれを自覚できること)

・日常的に従事している活動(仕事を含む)が自分の得意な(興味があって好きな)ことであること

・自ら人生の決断をくだせること(あなた以外の意見を一切考慮せず、自分だけで決められること)

【Joe Pinsker氏による原文】
having meaningful social relationships, being good at whatever it is one spends one’s days doing, and having the freedom to make life decisions independently.

しかしながら、enkyoはこの3要素は容易に手に入るものではないと受け止めています。

当然、衣食住の確保(一定の収入)を前提とし、個人の社会性も求められる内容の追加要素ですから、相応にハードルが高いのではないでしょうか。

私は、日々有意義な社会的つながりを感じつつ、日常的に従事している活動が自分の得意なことであり、かつ自ら人生の決断は自分自身でくだせる方が、人生に幸せを感じながら生きている人なのだと思います。

さて、今のenkyoはいかに…

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」… 相田 みつを
life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056487
この記事に対するトラックバック