enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 昔のクルマ | main | 「老後のお金が足りない」というけれど >>

VENEXという選択

venexリラックスできる秀逸な繊維…




1990年代後半に会社のデスクワークにおいて普及したパソコン、さらに近年では仕事でタブレットやスマートホンといったワイヤレス端末も一般化しました。

このようなIT化によって、我々はとても合理的に業務をすることができるようになったことは明白ということができましょう。

しかしながら、無駄な(?)動きが少なくなり、静的なデスクワークが多くなったということもできます。

長時間にわたり液晶画面を注視し、キーボード等の入力に没頭していると、目と肩と腰への負担は相当なレベルに達するのだと予想します。

さて、enkyoは最近になって、この昔とは違った種類の「疲れ」にどう対処すべきかと悩み始めました。

もちろん、私はスポーツクラブでの軽いウエイトトレーニングやプールでのウォーキングも定期的に行っています。

しかし、身体をリフレッシュしても「何かが足りない」という印象を持っていました。

そんな時、次の文章が私の目に入ってくることがあったのです。

リカバリーウェアはハードな毎日を送る現代人のために開発されました。最高のパフォーマンスを追究するアスリート、より高みを目指すビジネスマン、アクティブに毎日を過ごしたい人々にとって、上質な「休養」が必要不可欠になってきています。上質な休養とは心身共に緊張が解け、ゆったりと落ち着ける環境にあってこそ得られるものです。疲れたからとただ横になっているだけでは、カラダは十分に回復してくれません。

この商品はVENEXといい、PHT(Platinum Hermonized Technology)という繊維で作られています。

その着心地は「一糸まとわぬ」といっても過言ではないほど素晴らしいレベルです。

とりわけ、繊維が「滑る」ことに重きを置いているせいか、ベッドに横たわった時にシーツとの摩擦が少ないので「自然に」動けます。

言い換えれば、シルクをまとっているのと同様にストレスが感じられません。

一般的な化繊と比較してしまうと、VENEXはやや高価なプライシングですが、enkyoお勧めの逸品です。
my favorite | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056495
この記事に対するトラックバック