enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< St. Elmo's fire | main | Noah's Ark >>

ある男性の遺言

enkyo.ar次のようにしてください…




enkyoはこんな内容の遺言をした人がいると聞きました。

しかし、人間は天命を全うすべきです。

ややこしい世の中の仕組みは適当に受け止めることにして、前を向いて生を全うしましょうよ。

なお、この方はその後4年間も屈辱的な生活を強いられましたが、今は無尽の愛情と強固な友情に恵まれて、幸せな日々を過ごしていると聞きました。

以下、遺言の本文…

近年感じたことなのですが、本当の愛情とは与え過ぎることもその逆もないようなとても自然な感情なのですね。

もっと若い頃にこのことを知っていたら、私の人生はもう少し変わっていたかもしれません。

他愛のないひと時ひと時がなんと楽しく幸せだったことか。

ありがとうございます、本当に本当にありがとうございます。

以下につき費用が発生する場合は、主にP生命から支払われる保険金を充当してください。

・墓所は●●霊園としてください。

・住居内の私物はゴルフ仲間の○○様・△△様・××様に託します。ご面倒ですが適当に配分・処分してください。

・実姉××様

 次の団体および個人に寄付・謝礼をお願いします。

 1.教会 50万円

 2.叔母◎◎様 300万円

 3.ゴルフ仲間の〇〇・△△様・××様 今後の素晴らしいゴルフライフのラウンドフィーとして各500万円、合計1500万円

 4.京都在住の□□様 今後の◇管理費用として50万円

 5.その他一切の資産は実姉のものとします。

・実姉××様

貴方には必ずしも返済義務はありませんが、金融に長く携わった者のけじめとして私の借入金等の返済をお願いします。

上記の費用を差し引いても相当の金額が残ると思いますので、なにとぞご容赦ください。

・その他ご迷惑をおかけする方々へ

不要なご面倒をおかけすることになり、誠に申し訳ございません。

なお、各種手続きに必要なデータは別途用意しましたので、そちらをご覧ください。

以上、よろしくお願い申し上げます。

2011年10月16日

○△×□
life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/1056508
この記事に対するトラックバック