enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< てんぷら | main | Bird's eye view >>

レジ袋の有料化

kytspspgbg目的とルールをしっかり理解…



近所の公園の木々や花々が視界に入ると、自分の心が和らぐような気がします。

逆に、樹木の緑を目にして不快な気分になったことは一度もないので、本来、人間と植物には親和性があるのかもしれません。

しかし、現代における私達の住空間には、合成樹脂や合成繊維が満ち溢れていることはご承知かと思います。

そして、2020年7月1日からプラスチックの過剰な使用を抑制し、地球環境の課題に取り組むために一部のプラスチック製レジ袋(※)の有料化がスタートする予定です。

enkyoは、レジ袋よりもペットボトルの使用抑制の方が優先ではないかと受け止めていますが、実質的な効果よりもまずは「意識づけ」を狙っているということで良しとします。

近年の我が国における大量生産・大量消費を背景とした経済活動、言い換えると「使い捨ての習慣」を見つめ直す時期に来ているのかもしれません。

モノを作り、その購入者は不具合があれば修繕してもらい、長きにわたりモノを大切に使用してきた「少し前の日本」に戻るべきということなのでしょう。

もとより私は、高価でも長年愛用できるモノにしか興味がないので、「使い捨て」を前提に製造されたレジ袋の有料化に違和感はありません。

外出時にメインのバッグの中に、数種類のショッピングバックを忍ばせておけば事足りるのです。

※有料化の対象外のレジ袋
・プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
・海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
・バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

(私見ですが、上記3種は一般的なレジ袋よりも高価と予想しますので、これらを無償で配布する店舗は限られることでしょう)
life | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ニュースによると、「買い物客に小売店が配るプラスチック製レジ袋の有料化を、政府が義務づける7月より前に始める動きが広がっている。一部大手店舗では4月から有料化実施」らしいです。
enkyo | 2020/04/04 8:55 AM
エコバッグは、大中小の3種類をいつも持ち歩いていると悩みがありませんね。
enkyo | 2020/05/30 10:20 AM
コメントする


※任意