enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Junkoさんという女性 | main | 恋のゆくえ … the fabulous baker boys >>

青の時代 【エピローグ】 … The Blue Period 9/9

最終話です…17年振りに「卒業文集」を読み返してみました。そして、今私が感じることは…
あなたは、人からよく見られようとしていませんか?

実は中古で買ったロレックスを「海外旅行に行った時、新品で安く買った」なんて嘘をいってませんか?

家やマンションを買ってすぐにホームパーティーを開いて、知人に無意味ともいえる見栄をはっていませんか?

ゴルフに行く時に「オレが迎えに行くよ」などと申し出て、結局のところ自分の車を人に自慢していませんか?

あなたの言動や行動の根拠は明確ですか?

今のあなたはホンモノですか?

私は自分をホンモノだと思っていますよ。

なぜなら、私は今も自分をさらけ出すことにあまり抵抗がないからですかね…。
卒業文集(1989年3月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/259501
この記事に対するトラックバック