enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 青の時代 【エピローグ】 … The Blue Period 9/9 | main | 天国にいる浅田英了さんへ >>

恋のゆくえ … the fabulous baker boys

mf実は、私、結婚するまで年上の女性としかおつきあいしたことがありませんでした…




実はenkyo、結婚するまで「年上の女性」としかおつきあいしたことがありませんでした。

なぜか…

enkyoは女性特有の「可愛らしさ」というものに魅力を感じないのです。

一般的に女性は肉体的には男性よりも脆弱といわれていますが、それを否定するかのように頑張っている女性に私は強くひきつけられるのです。

そういう女性が私よりも年上だったということかもしれませんね。

enkyoは、この映画の主人公のミシェル・ファイファーに今もぞっこんです。

気だるそうにタバコをくわえたかと思うと、子供のように無邪気に振る舞い、さらにはフォーマルドレスを高いレベルで着こなしてしまう…。

年上のはすっぱな女性…このイメージが私の過去の恋愛のすべてだったかもしれません。

しかし、enkyoは今年41歳になってしまいました。この年にして年上の女性というとなんともいえない違和感があるのも事実です…(今までお世話になった女性には失礼ですね…ごめんなさい)

たぶん、少しはすっぱな過去を持ち、フォーマルな場でもしなやかに振舞えて、自分の夢の実現のために頑張っている女性が、enkyoの理想なのかもしれません。

この映画の中でのミシェル・ファイファーの立ち居振る舞いをぜひご覧ください。

とてもカッコイイです!日本にはこんなしぐさを自然にできる女優さんはいないのではないのではないかと思います。

日本ではあまり有名な映画ではないかもしれませんが、ぜひ一度ご覧になってみてください。

私の感覚では、すべてが「美しい」です。
movie | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

先日、DVDを買ってもう一度観てみました。

やはり、様々なシーンに「美」を感じました。

以前、マドンナがピアノの上でセクシーに寝そべって歌っていたことがありましたが、それがこの映画のシーンを真似たことだと知り驚きました。

また、この映画のサウンドトラックはグラミー賞を獲得しているのですね。
enkyo | 2006/06/28 10:57 AM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/259734
この記事に対するトラックバック