enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天国にいる浅田英了さんへ | main | 凡人であることの憂鬱 >>

離 婚

pisky011本日、11年6ヶ月の結婚生活に終止符をうちました…





以前「恋愛は制度である」と書いたことがありますが、恋愛よりも結婚こそが制度そのものなのだと強く感じています。

制度の基礎となっている法律というものは、人間がつくりだした「知恵の鎧」のようなものだと思います。

それでは、なぜそれをつくったのか?おそらく人間が生きていく上で避けられない「恐れ」や「痛み」から開放されたいという想いがその根底にあるのではないかと考えています。

そして、このことは人間が他の生物よりも複雑さを持つがゆえの「弱さ」を露呈しているのかもしれません。

私が離婚を決心し、その48日後には離婚届の提出を終えました。

私の強い意志による協議離婚でした。

…今、enkyoは何もない部屋で一人きりでこのブログを書いています。

ままならないことも多いのですが、私の精神状態はとても穏やかです。

音楽を聞き、窓から見える緑に安堵し、自然な感情から湧き出る言葉をそのままパソコンのキーを打ち込んでいます…。

実は今、溢れるような情熱を持ち日記を書いていた頃の自分に戻れたのではないかと実感しています。
life | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/267536
この記事に対するトラックバック