enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 名門とは | main | 恍惚をもたらすパター >>

ピカ爪の勧め

nail指爪のお手入れ…男性編



最近、enkyoは週末といえばゴルフ三昧。

普段、銀座のクラブや六本木のキャバクラで夜遊びして、大盤振る舞いをすることもない私ですから、「ゴルフは仕事の対極にある趣味として健全なのではないか」と感じています。

しかし、このたび趣味のゴルフが仕事にマイナスの影響を与えるかもしれないと感じることがあったのです。

それは…ゴルフのスウィング時の動きによって、とりわけゴルフグローブしない右手の指の皮膚や爪が傷み、なんだかみすぼらしい感じになってしまったのです。

このことに気づいたのが、あるプレゼンテーションの席上…enkyoは準備しておいた資料を出席者の方々に丁寧に手渡しで配布しました…この時の私の右手の指の甘皮(爪の根元の皮膚)はささくれ、爪も乾燥して艶がなく白っぽかったのです。

資料を受け取った方が私の荒れた指や艶のない爪を気にしていたかどうかは不明です。しかし、この時私は「こんな荒れた手指で資料を渡すのは恥ずかしいなぁ」と感じたのでした。

しかしながら、enkyoは手が荒れたり、爪が傷ついたりするからといって愛するゴルフをやめる気持など毛頭ありません。

そして、私は一念発起してネイルサロンなるところに行って参りました。(ネイルサロンというと女性メインの店舗ですが、最近は男性用のコースも提供しているところが増えている模様です。)

受付を済ませカルテに必要事項を書き込むと、ほどなくして爪のメインテナンスが始まりました…丁寧に消毒をし、専用器具で甘皮を慎重に除去。その後数種類のやすりを駆使して爪を磨き上げていきます。

そして、30分程経過した後…enkyoの爪は生まれてこの方見たことがないほど美しいものになったのです!

甘皮を整えたことにより、爪の形は均等になってとても見た目が良いです。また、艶がなく白っぽかった爪はピカピカに輝いていました。ピカピカといってもマニキュアを塗布しているわけでなく、研磨によって得られた自然な輝きです。

これならビジネスでも嫌味になることなく、清潔感と共にシャープな好印象を与えることができるのではないかと嬉しく感じています。

クライアントのために収入相応のレベルの業務を遂行することはもとより、服装や立ち居振る舞いにおいても適格であるべきと考えているenkyoであります。

ネイルのメインテナンス…これは老若男女を問わず今後さらに一般的になる可能性があると思います。

とりわけビジネスマンには恥ずかしがらずに一度行ってみることをお勧めします。
fashion | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/772664
この記事に対するトラックバック