enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 運動のススメ  | main | お気に入りのラーメン >>

運動のススメ 

hgg身体の準備…パーソナルトレーナーからの便り




前置きが長くなりましたが、今も昔も多くの方がフィットネスを始める主な目的は、「痩せたい」とか「かっこよくなりたい」とか「綺麗になりたい」など『容姿の改善』を望んでいるケースが多いと感じています。

また、それに次いで長期にわたる運動不足で失った「体力の向上」や「体質の改善」などのニーズも見受けられます。

しかし、私は当初の目的はどうであれ、これからフィットネスを始める方には、楽しく・安全にかつ長く続けていただくことを切に願っています。

理想的なフィットネスのスタイルは、全身をフルに使い気持ちよく汗をかくことだと思います。

そのために必要なことは「事前の準備とプラニング(計画)」といえましょう。

このことは、決して難しいことではなく、専用のウェアやシューズを買い揃えることであったり、運動前のウォーミングアップであったり、当日に行う運動スケジュールのイメージングを指します。

いかがでしょう?

このような過程は、目的の達成度合はさておき、心躍るものといえるのではないでしょうか?

さて、当初は運動の内容についてはぜひとも単純に考えていただきたいと思います。

まずは全身の関節周囲の筋群を大まかにストレッチし、15分程度の有酸素運動で呼吸循環系を整えた後、自重(自身の体重)あるいはマシンを利用した筋コンディショニングに移行していきます。

この内容であれば、運動から遠ざかっていた方でも一時間程度でこなせるメニューだと思います。おそらく、ほどよい発汗を実感し、頭が冴えたようなすっきりした気分を味わい、運動によってのみ得られる本来の感覚を体感することができるはずです。

そして、この後「もう少しやりたいなぁ」とか「よし、今後も続けよう!」という気持ちになっていただければ完璧です。 

当初のポイントは、身体のコンディションを確認しながら徐々に強度を上げていくことと、十分な酸素を取り込みながら気持ち良く身体を動かすことです。(「鍛える」という意識は基礎体力が備わってからでOKです。)

上述の内容で貴方が「疲れ」を感じるとするならば、年齢や体力の問題よりも当日の体調が悪いか、運動そのものに不慣れである可能性が高いということができましょう。

誰しも目的を早期に達成し「結果」を急ぐものです。

しかし、まずは基礎メニューで身体を慣らし、そのメニューを何度かやってみたうえで、適正な内容に修正していくのがベターだと思います。

身体に無理を感じず、楽しい運動プランの全体像が見えるまでに最低1ヶ月は必要でしょう。

そして、その後が「本当のフィットネス」のスタートなのです。

<運動のススメ> <運動のススメ>
sports | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/793665
この記事に対するトラックバック