enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 運動のススメ  | main | その確率は? >>

お気に入りのラーメン

kiraku喜楽の中華麺




実は、enkyoはあまりラーメンは食べません。

最近のラーメンはまるで創作料理さながら…レシピや盛り付けに至るまでこだわりを持っています。

このような傾向を否定するわけではないのですが、私はラーメンに「子供の頃に食べた味」を求めてしまうタイプなのです。

あれは私が小学生の低学年だった頃、近所に台湾風の味付けの中華料理店がありました。たしか「来々軒」という名前だったと記憶しています。

ここのラーメンには独特の風味があり、当時enkyoの家を訪問した客人がしばしば「来々軒のラーメンが食べたいな、出前をとってくれないかなぁ」などと母に話していたことを思い出します。

当時まだ子供だった私が食べるラーメンはほとんどがこのお店のものでしたので、私にとってのラーメンの味イコール来々軒の味でした。

しかし、ある日この来々軒は諸事情により閉店してしまい、その後enkyoはその独特な味のラーメンを口にすることはありませんでした。

それから15年の歳月が流れ、enkyoが大学生だった頃…

ある友人が「enkyo、旨いラーメンがあるから食べに行こうよ!」と声をかけてくれたことがありました。

そして、友人は私を渋谷の道玄坂にある喜楽というラーメン店に案内してくれました。

私はスタンダードな中華麺を注文し、それを口にするやいなや、幼い頃の記憶がフラッシュバックしてきたのでした…「あっ、『来々軒』の味だ」と。

どうやら、私が幼少の頃食べた来々軒のラーメンの風味は台湾製の赤玉ネギを使った揚げネギによるものだったようです。

最近は渋谷の道玄坂に行くことはほとんどありませんが、近くを通ると必ず立ち寄るのがこの喜楽というお店です。

素朴なのにコクがあり、やみつきになる味だと思います。喜楽はラーメン店の中でも老舗といわれ、有名なお店なのでご存知の方も多いと思いますが、enkyoお勧めのラーメンです。
gourmet | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは、enkyoさん。
ラーメン好きの私も、実は昨今の手を加えすぎのラーメンにいささか懐疑的です。
「やり過ぎ」と作り手の「若さ」に、ちょっと疲れます。


benichio | 2008/04/03 12:46 PM
benichio様

こんばんは!
鋭いコメントですね。
enkyoは的を射たご指摘だと思いますよ。
enkyo | 2008/04/03 7:26 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/795161
この記事に対するトラックバック