enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 21世紀の食 | main | overweight >>

abstinence syndrome

rtgただいま禁断症状と格闘中…




禁煙すると、気分が落ちたり不安感と脱力感、不眠などが続く症状に悩まされることがあると聞いていました。

これらの症状は、ドパーミン不足によるもののようです。ドーパミンとは脳内麻薬とも言われ、多幸感をもたらす物質です。

言い換えると、enkyoの脳は長年の喫煙習慣からドパーミンが喫煙に依存して放出されるようになってしまっていたということなのです。

また、ニコチンは脳内の神経伝達物質の代わりをしており、禁煙すると脳の中はセロトニンなどの神経伝達物質が不足している状態が続くそうです。

セロトニンは神経伝達物質で脳の活動を高め、落ち着きと安定感をもたらす役割があり、不足することによって精神的に不安定な状態になることがあるといいます。

しかし、これらの症状は一時的なもので、いずれ脳は本来の働きを取り戻すようです。

つまり、enkyoはここで禁煙を諦めてはいけないということなのです。

症状がひどいと私生活や仕事にも支障がありますので、enkyoは禁煙パッチ等の禁煙補助剤を使うことにしました。

喫煙の害は肺気腫など呼吸器系の病気の高発症率が叫ばれていますが、タバコは正常な脳の働きを阻害する物質なのですね。
nosmoking | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/890928
この記事に対するトラックバック