enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 光の道を駆け抜け… | main | 素敵なクルマ >>

潜在的にはまりやすい行為

drjkこれは知っておくべきかも…





「毎日濃いコーヒーを飲まないとすっきりしない」とか「なんか最近辛いものばかり食べたくなるなぁ」などという経験はありませんか?

実は、一般的に人間がはまりやすい行為というものがあるそうで、これらを覚えておくことで、「好きだから」や「なんとなく」という曖昧な理由ではなく、はまりやすい行為であることを知った上での自己判断による行動ができるかもしれません。

これらの中には法令に抵触することなく、我々の日常生活にとけ込んでいるようの思えるものが含まれていることに大きなショックを受けたenkyoです…。

【潜在的にはまりやすい行為】

1. コカイン
2. ヘロイン
3. アンフェタミン等の興奮剤
4. モルヒネ等のアヘン系薬物
5. ギャンブル
6. マリファナ
7. タバコや葉巻
8. アルコール
9. バルビタール等の鎮静剤
10.LSD等の幻覚作用のある薬物
11. カフェイン
12.万引きや窃盗
13.砂糖入り食品(甘味)
14.高脂肪や油っこい食品
15. 塩または塩分の高い食品
16.スパイスの効いた食品(激辛など)
17.お金を遣うことを主目的とする買い物
18.多忙であることを主目的とする仕事
19.怒り、口論、議論
20.他人を操ったり、コントロールしようとすること(命令・隷属)
21. 注視を得ることを目的として目立つ行為をすること
22. 何かを読むことを主目的とする読書
23.他人に本人の世話をやかせる、または何かをさせる
24.運動、ジョギング、スポーツまたはその練習
25.他人との性行為を求め、行うこと
26.ポルノ(フィルムや雑誌)を求め、使用すること
27. テレビを観る
28.しゃべることを主目的とするおしゃべり
29.特定の種類の品を探し求め、買い漁り、収集する(コレクション)
30.(理由もなく)嘘をつく
31.処方箋の要らないアスピリン等の痛み止め薬品
32.処方箋の必要な痛み止め薬品
33. 下剤
34.鼻づまりの解消薬
35.抗ヒスタミン剤等の鬱血除去剤
36.制酸剤(胃薬)
37.スピードの出し過ぎや乱暴な運転(酒の影響下以外で)
38.バリウム等の軽い向精神剤
39.暴力
40.咳止め、風邪薬

※谷岡一郎『ギャンブルフィーヴァー』中公新書より
life | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは懐中電灯です
<enkyoさん>
 思い当たることばかりです。人間はなにかにはまっていないと生きられないのでしょうね。ほど良くはまるのが難しいです。
 著者のお名前を拝見して、思い当る方なので書棚を見ました。「ビジネスに生かすギャンブルの鉄則」がありました。日本の多くの経営者、経営者候補生に読んで欲しい本です。
 enkyoさんと僕の視線もきっと同じ方向を向いているのでしょうね。
懐中電灯 | 2009/02/19 9:29 AM
懐中電灯様
コメントありがとうございます。
ご推奨の書籍、早速注文しました。
今から楽しみでたまりません。
enkyo | 2009/02/19 12:34 PM
懐中電灯様
「ビジネスに生かすギャンブルの鉄則」、読みました。
非常に興味深い章がいくつもありました。この書籍は10年経とうと、その内容が時代遅れになることはありませんね。
ご推奨ありがとうございます。とてもよい勉強になりました。
enkyo | 2009/02/26 8:27 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/910535
この記事に対するトラックバック