enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Running | main | お勧めのアンダーウェア >>

The Head and Shoulders bottom

hsbもがき苦しみ6ヶ月が経過…



禁煙後約6ヶ月が経ちました。

この間にタバコは1本も吸っていません。
(実は、寝ている時に夢の中では何度か吸いました)

思い起こせば、何度か辛い時期がありました。
この6ヶ月間の体調の変化と時間の経過をグラフ化すると、ほぼ左上の株価チャートのようになります。

ネックラインを平常時とすると、約1ヵ月後(A)にはひとつめの体調悪を感じるようになりました。倦怠感から活動的でなくなり、イライラが募ったものでした。

しかし、しばらくすると何事もなかったかのように平常(B)に戻りました。

そして、3ヶ月後(C)には1ヶ月目(A)とは比べ物にならないくらいの重度の倦怠感を体感することになりました。

ちょうど風邪をひいた時のような体調悪がしばらく続き、頭痛や肩こり・腰痛など気分は最悪だったと記憶しています。

その頃、こんなことがありました…

私はある週末にジムでのトレーニングを計画していました。ところが、当日になってみるとどうにもやる気が起こらず、ベッドで横になったまま一日が終わってしまい罪悪感に似たような気まずさを感じました。

当然enkyoはとても不安になり「タバコをやめたら健康になれると思ったのに全く逆じゃないか!ああ、この先どうなるのだろうか」と心の中で嘆きました。

しかし、この体調悪もしばらくすると改善して再度平常(D)の状態に戻ったのです。

その後、およそ5ヶ月目(E)に3ヶ月目と同じレベルの体調悪が再びやってきます。この時にも倦怠感はありますが、前回(C)よりも症状が軽いのでさほど辛く感じませんでした。

このような形状のチャートを人間の頭と肩の形に例えてヘッド アンド ショルダー ボトムと呼ぶそうです(ボトムなので頭が底になっています)。

実際にこのような株価の推移があった場合に、過去の経験則等からこのチャートが意味することは、「ネックラインを抜いた時の上げの目標値は、少なくとも最安値とネックラインとの値幅と同程度は見込める。次の目標としてはその2倍の水準が考えられる。」というものだそうです。

このチャートを手前勝手に信じるenkyoは、今後心身共に超健康な状態になることを期待しています。
nosmoking | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/931123
この記事に対するトラックバック