enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< REJOICE | main | 【続】Miss Lamennais >>

47年目の真実

epエレイン・ペイジに憧れた天使…





イギリスの有名なミュージカル女優であるエレイン・ペイジ。

彼女は14歳の時、ナタリー・ウッドが主演した「ウェストサイド物語」のサウンドトラックを聴き、ミュージカルの道に進むことを夢見るようになりました。

その6年後、彼女が20歳の時に幸運にもその夢は叶いました。

その後も彼女は、エビータ(1978年)やキャッツ(1981年)などの演目を成功させ高く評価されました。

そして、彼女が47歳の時には長年の功績を評価されOBE(大英帝国勲章)を叙勲しています。

このように神様は長らくエレイン・ペイジに微笑み続けました。

しかし、12歳の時に歌を始め、エレイン・ペイジに憧れ続けた47歳の女性、スーザン・ボイルさんのことも神様は忘れていなかったようですね。

神様が彼女に与えた使命は、エレイン・ペイジとは違った形で人々に夢や希望を与えることだったのでしょう。

music | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

番組企画の匂いがプンプンなんですが、
スーザンさんは本物ですものね。
この方の今後、楽しみです。
夢は夢としてずっと持っておかなければーーと教えてくれる同年代のアイドルです。

benichio | 2009/04/20 1:55 AM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
http://x1.enkyo.boy.jp/trackback/946085
この記事に対するトラックバック