enkyo

駆け抜けた青い時、セピア色の日記と記憶
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Early Bird | main | Love Takes Time >>

ある親子の会話

mm090522法律で決まっているから…






以下、30代と思しき母親とあどけない男の子が、パチンコ店の前を通った時の会話内容です。

息子:(パチンコ店のポスターを見て)あっ、キン肉マンだ!ママ、僕、キン肉マンのパチンコやりたい!

母親:そうね、○○君の大好きなキン肉マンね。

息子:ねぇ、ねぇ、僕、キン肉マンのパチンコやりたいよぉー。(地団駄)

母親:キン肉マンのゲームがおうちにあるでしょ。

息子;違う、違う!僕はこのキン肉マンのパチンコがやりたいんだよー!

母親:…(困った様子でしばし無言)

息子:ねぇ、ねぇ、おかーさーん!(再度地団駄)

母親:(何かに気がついたような表情で)○○君、パチンコはね、18歳にならないとできないのよ。法律でそう決まってるから、○○君はまだできないのよ。

息子:そうなの?僕、キン肉マンのパチンコはできないの?

母親:(勝ち誇った様子で)そうなの、だってまだ5歳でしょ。

息子:…(無言)

enkyoはこの母親の言葉に呆れました。

彼女が息子に説いたことは「今はできないけれど、18歳になればやってもよい」という内容で、その理由は法律で決まっているからというものです。

もし、enkyoが母親の立場だったら子供の将来を考えてこういうと思います。

「お母さんも○○君と同じくらいキン肉マンは好きだけど、○○君にはパチンコはやってほしくないなぁ。○○君はキン肉マンのものは何でも好きなんでしょ。さ、今からおもちゃ屋さんに行って『他のキン肉マン』を探そうよ。」

自分の子供を説き伏せるのに法律を持ち出すようでは世も末と感じたenkyoです。
life | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

パチンコの年齢制限は何が根拠なんでしたっけ?
人間の関係は親子関係ということだけではなく、私らが若かった頃(あぁ、歳を取ってしまったんだなぁ。。。)とは変ってきてしまったのだと思いますね。
soramame | 2009/05/25 8:40 PM
コメントする


※任意




この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック